GIANT 2013年モデル:TIAGRA完成車で15万円弱から。エントリーグレードのフルカーボンモデル「TCR COMPOSITE」

GIANT(ジャイアント)の2013年モデルロードバイクの中から、エントリーグレードのカーボンバイク「TCR COMPOSITE」を紹介します。今やカーボンフレームの完成車が15万円で手に入る時代ですが、TCR COMPOSITEは、その代表のような存在です。


まず「TCR COMPOSITE 0」。


120915_TCR_COMPOSITE_0

画像を見てわかるように、電動アルテグラの完成車。価格は346,500円です。フレームは上位モデル同様、下側1-1/4のテーパーコラムや、POWERCORE(BB86)を採用しています。重量は7.8kg(465mm)。なお、実際にはサドルが白になるそうです。


続いて「TCR COMPOSITE 2」。こちらは105完成車です。


ホワイト。


120915_TCR_COMPOSITE_2_wht

ブラック。


120915_TCR_COMPOSITE_2_blk

重量は8.4kg(500mm)。価格は168,000円です。


そして「TCR COMPOSITE 3」。こちらはティアグラ完成車です。


ブラック。


120915_TCR_COMPOSITE_3_blk

ホワイト。


120915_TCR_COMPOSITE_3_wht

重量は8.4kg(465mm)、価格は149,100円です。


TCR COMPOSITEのサイズ設定は、430mm(XS)、465mm(S)、500mm(M)、535mm(ML)の4種類となっています。


「2」と「3」はブレーキがテクトロ・R540なので、これをシマノ製に交換すれば満足度が上がりそうです。


※価格はすべて税込


(Gen SUGAI)










Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like