アンカー 2013年モデル:シクロクロスバイク「CX6 EQUIPE」登場、他

引き続きブリヂストン・アンカー(ANCHOR)の2013年モデルについて。


アルミのシクロクロス車が登場しました。チームには以前からシクロクロスレースに参戦する選手がいながら、アンカーのラインナップには欠けていたものです。





モデル名は「CX6」、完成車価格は180,000円で、フレームセットの販売はありません。コンポーネントはシマノ・105で、チェーンリングは46×36が装着されています。


フォークです。





ヘッド周り。下側1-1/4のテーパーヘッドです。





斜め後ろから。





チェーンの無い側をフロントから。トップチューブ後方を見ると……





担ぎやすくするため、ここだけ斜めになっています。





ベンドステー。





カラーはレーシングレッドとレーシンググレーの2カラーのみ、サイズは510、530、550mm(水平換算トップ520、535、550)の3種類となっています。


CX6以外に、気になったものを2つ。


ネオコットスタンダードの「RNC3」は、ティアグラ完成車の「RNC3 SPORT」(150,000円)とソラ完成車の「RNC3 EX」(125,000円)、そしてフレームセット(90,000円)の3種類。いずれもサイズは490、510、530、550、570mm。カラーはレーシングブラックアメジストとレーシングスパイスオレンジの2色、そしてEX以外は単色カラーオーダー(33色)対応です。RNC3は2011年モデルから渋いレーシングカラーを採用していますが、2013年モデルもかっこいいです。





最後にアンカー・ユーティリティシリーズ「UF9」。ロードコンポーネント(シマノ・ソラ)採用のスピードバイク(って最近は言いませんかね)です。





カーボンフォークとブラックのソラによって引き締まった印象です。カラーはホワイト、ブラックアメジスト、マットシャインシルバーの3種類、サイズは390、440、490、540mm。価格は92,800円です。


アンカーは早々にWebサイトが更新されるようですので、こちらでの紹介はこのへんで。


ブリヂストン・アンカーWebサイト


(Gen SUGAI)










Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです