FUJI 2013年モデル:多段仕様になった「FEATHER CX」他

先日のアキボウの展示会では、DAHONのほかにFUJIも展示されていました。個人的に気になったものをいくつか。


アルミフレームのロードバイク「BARRACUDA RR」。





2013年モデルでは電動アルテグラ仕様になりました。展示会ではバッテリーレスの状態でしたが、バッテリーはチェーンステーに搭載。


こちらはカタログ写真です。


120903 barracuda RR 300

価格は税込399,000円。サイズが 47cm、49cm、52cmと小さめの3種類だけなのが残念です。


クロモリフレームの「PHANTOM」は継続モデル。





Rawフィニッシュが特徴。





フィレット仕上げ。





サイズは43cm、49cm、52cm、54cm、価格は税込231,000円です。


続いて「FEATHER CX」。2012年モデルではシングルスピードでしたが、2013年モデルでは多段仕様になります。


マットブラックと、





ミスティックブルー。





クロモリフレームにテウトロの機械式ディスクブレーキ、メインコンポはシマノ・ソラです。持った感じは結構ずしりと来ます(笑)


サイズは43cm、49cm、52cm、54cm、56cm。価格は税込89,250円です。


そしてJAZZも多段になりました。モデル名は「JAZZ+」。フロントシングル、リア8速(アルタス)です。


マットブラックと、





モスグリーン。





15″と17″の2サイズで、価格は税込71,400円です。


(Gen SUGAI)










Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like