アテネ五輪でのタイラー・ハミルトンの個人TT金メダルは剥奪、エキモフが繰り上げで金メダルに

IOCは、2004年アテネオリンピックの自転車競技・個人ロードタイムトライアルにおいてタイラー・ハミルトン(アメリカ)が優勝した記録を取り消し、ヴィアチェスラフ・エキモフ(ロシア)を金メダル、ボビー・ジュリック(アメリカ)を銀メダル、マイケル・ロジャース(オーストラリア)を銅メダルとすると発表しました。


120811_tyler

IOC strips Hamilton of Athens gold


朝日新聞デジタル:薬物使用を証言、ハミルトン氏の金メダル剥奪 自転車 – スポーツ

国際オリンピック委員会(IOC)は10日、薬物使用を証言していた2004年アテネ五輪自転車男子個人ロードタイムトライアルの覇者、タイラー・ハミルトン氏(米)の金メダルを剥奪(はくだつ)し、2位以下を繰り上げることを決めた。金メダルは、現役引退したビアチェスラフ・エキモフ(ロシア)氏となる。

当時ドーピングしていたことを認める証言をしているハミルトンは、以前からアテネでの金メダルを返上するとコメントしていました。


エキモフは、シドニーオリンピックの同種目で金メダルを獲得している他、若い時はトラック競技で数々のタイトルを手に入れた選手。2006年に引退し、現在46歳となっています。


今になってアテネオリンピックの記録が変更になるというのも、しかたないとはいえ不思議な気分です。


(Gen SUGAI)






Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです