チタンフレームを採用した電動アシスト自転車「パナソニック チタンフラットロードEB」と「チタンライトEB」

パナソニックサイクルテックから、チタンフレームの電動アシストスポーツ車が出ているのをご存知ですか?


120804 ENV53S s

「チタンフラットロードEB」というモデルです。


120804 ENV53S f

シートチューブに添うように置かれたバッテリー等を見ると、日本の電動アシストスポーツ自転車そのものといった感じはします。しかし、なんといってもパナソニックご自慢のチタンフレーム。見た目の満足度はかなり高いと思います。


8Ah仕様と12Ah仕様があり、8Ah仕様なら重量も15.9kg〜16.4kg、いちばん重たい12Ah仕様530mmサイズでも17.1kgと、電動アシスト自転車としてはかなり軽量です。というか、ふつうのシティサイクルより軽いですよね。


広場的なところでちょい乗りしてみた感じですと、漕ぎ出しからアシストが効くまではいっしゅんタイムラグがありました。急発進を防ぐためでしょうか。しかしその漕ぎ出しは軽く、そしてすぐにクイッとアシストの効き始めを感じるので、あとは軽くペダルを回せばすいーっとスピードに乗せることができました。本当にちょい乗りですが、自転車本体の質感とマッチしたいい雰囲気だと感じました。


まあ、お値段が税込680,000〜791,000円というスペシャルなものなので、質感が良くなければ困るのですが(笑)、お金に余裕があれば、こういうお散歩自転車も良いのではないでしょうか。サイズ設定が3種類あるというのも、他社に対するアドバンテージです。


チタンフラットロードEB | 自転車 | Panasonic


シティサイクルタイプのチタンモデルも、引き続きラインナップされています。


120804 f side

チタンライトEB | 自転車 | Panasonic


以前にも紹介したと思いますが、街で実際にこれを見かけた時は「見た目はママチャリだけど、やけにきれいだな」という印象を受けました。個人的には、こっちのほうがより興味があったりします……。


(Gen SUGAI)






Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like