GT2013年モデル:内装8段も登場した「BALLシリーズ」他




引き続き、ライトウェイプロダクツジャパン取り扱いブランドの2013年モデルを紹介しています。今日はGTのオンロード系ライフスタイルバイク。


GTには以前からGUTTERBALL(ガーターボール)というシングルスピードがありましたが、2013年モデルはBALLシリーズとして、いろいろバリエーションが広がっています。オーストラリアのカスタムオートバイショップ「DEUCE」とのコラボレーションだそうです。


GUTTERBALL自体は継続でカラーチェンジ程度なのでいきなり割愛しまして、まずはこちらの「EIGHTBALL」(エイトボール)。





何がエイトかというと内装8段なのです。





アルフィーネの8速です。





こんな形状のステムとハンドルがついています。


ちょっとわかりづらいですが……、





「8」と描かれています。


フレームはアルミ、タイヤは700×35C、サイズはXXS/XS/S/M、価格は税込115,500円です。


続いてこちらは「SPEEDBALL」(スピードボール)。こちらもアルミフレーム。





フロントシングルで、リアは9速のアリビオ。タイヤは700×35C、前後にフェンダーが装着されています。





バックスウィープが大きめのハンドルです。サイズはXXS/XS/S/M、価格は税込89,250円です。


そしてこちらが「MEATBALL」(ミートボール)。やはりアルミフレーム。





こちらは変速機が変わっています。





SRAM・オートマティックス。内装2段オートマです。コースターブレーキ付き。タイヤは700×35C、サイズはXXS/XS/S/M、価格は税込73,500円です。


最後に、冒頭の画像に出ていたもの。GTからクロモリフレームでトリプルトライアングルのロードバイクが出ます。





手前の青いティアグラ完成車「CORSA 1.0」は税込110,250円。奥の赤いシマノ・3400+マイクロシフト完成車「CORSA 2.0」は税込89,250円。サイズはどちらもS/M/L/XLと用意されます。重量は11.2kg(1.0)/11.4kg(2.0)と重め。雰囲気重視といったところでしょうか。


(Gen SUGAI)






Rbl2012_m




須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです