キャノンデールの歴代製品が見られる「Vintage Cannondale」

キャノンデールの昔のカタログやWebサイトが公開されているのをご存知ですか? 比較的近年のものはキャノンデールのWebサイトで見ることができるのですが「Vintage Cannondale」という外部のWebサイト(オフィシャルではない)では、1973年のカタログから見ることができます。


Vintage Cannondale – Information and Catalogs for Cannondales


過去のWebサイトに関しては「WAYBACK」のアーカイブを閲覧するわけですが、USモデルもEUモデルも見ることができるので、飽きません。今回は2モデル紹介したいと思います。


●Raven 4000 SX(2000)


120418_Raven4000

マグネシウムの骨格にカーボンの外皮をまとったモノコック構造のMTB。すごく憧れましたが、確かBB周辺の強度不足でレイブンはリコールになったんですよね。青山あたりでスリックタイヤを履いたレイブンも少なからず見かけた記憶があるのですが、あれらの個体はどこへ行ってしまったのでしょう?


Cannondale Bicycle Corp. – Raven 4000 SX


●Jekyll 2000(2004)


120418_Jekyll2000

2004年のジキルシリーズの中で上から2番目のモデルでした。ボールバーニッシュのフレームが展示会でとても目立っていて、単純にかっこいいなぁと思ったのを覚えています。もちろん、最上位モデルの青い「Jekyll 3000」もかっこよかったです。キャノンデール自体は、2003年に連邦倒産法第11章を申請して事実上倒産しているので、会社としては大変だった時期ですけど。


Cannondale Bicycle Corp. – Jekyll 2000


そんなキャノンデールも今やドレルインダストリー傘下CYCLING SPORTS GROUP社のいちブランドですが、魅力的な自転車をリリースし続けていることに変わりはありません。


(須貝弦)



Rbl2012_m








須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like