毎年恒例!? 20万円で始めるロードバイクライフ:2012春

今年もこの季節がやって参りました。2009年にアップして以来、春の恒例行事となりつつある「20万円で始めるロードバイクライフ」の2012年版です!


120403_defy


今までとくにスポーツサイクルに縁がなかった人が、これからロードバイクを始めててみたい、それも、街乗りではなくスポーツとしてチャレンジしてみたいという場合、どれくらいイニシャルコストがかかるのでしょうか。もちろん、お金がたくさんあればそれにこしたことはないですよね。まぁ、50万円くらいあれば困りません(笑) でも、本当に自分がハマるのかどうか不安だったりするのも確かです。だからといって、あんまり安いもので済ませてしまうと、ロードバイクの本当の良さがわからないまま「なんだ、楽しくない」ということになってしまいかねません。


そこで「せめてこれくらいは頑張りましょう」という目安として設定してみたのが、20万円という金額です。それほど深い根拠があって20万円としたわけではないのですが、「少ない出費で、でもそれなりに良いものを、それなりに長く使いたい」というニーズをギリギリ満たせるラインかなとは思います。


というわけで、まずはロードバイク本体を「NAVERまとめ」を使ってピックアップしてみました。ここに挙げたロードバイクの価格帯は、完成車で10万円強。なぜそうなっているかというと、スポーツとしてかっこよくスマートに乗りたいと思ったら、ロードバイク本体だけではなく、周辺グッズにもそれなりの投資が必要だからです。


「全部を見る」をクリックすると、見やすいです。


一昔前「10万円ロードバイク」というと、見た目がさみしいモノが多かったですが、最近はなかなか立派になったと思います。


続いて、グッズです。


ここに挙げているグッズは、あくまでも「一例」です。それでも、どんなモノがいくらいくらいで買えるのか、イメージはしていただけるかと思います。ひととおり挙げましたが、さすがに全体の予算が20万円ですと、グッズ類もエントリーグレードのモノが多くなります。


同じく「全部を見る」をクリックしたほうが見やすいです。


挙げたものを全部揃えると、10万円弱になります。車体編で挙げたバイクがどれも10万円強の価格なのがご理解いただけるかと思います。


もっとも、最初にこれだけ全部揃えるのはしんどいという方もいると思います。そういう方は、何かを後回しにするしかありませんね。ゼロから始める人が何を後回しにするか……おそらくウェアでしょう。パッド付きのパンツさえあれば、あとは後回しでも良いと思います。ヘルメットや空気入れ、最低限の工具等はないと困りますから、優先順位が高くなります。その他、メンテナンス用品等も後から買い足せば良いので、ここでは挙げませんでした。


そんなわけで、毎年代わり映えしないといえばしないのですが、何かの参考になれば幸いです。


(須貝弦)



Rbl2012_m







このエントリーをはてなブックマークに追加