週刊マティーノ:シクロクロスバイクで落ち葉の上をツーリング【PR】

「ロードバイクが欲しい。でも、街乗りがメインで、ツーリングにも行きたい。」なんていう欲張りな方や、「レースしませんし、興味有りません。」という方が街乗り&ツーリングに使うのに、シクロクロスバイクがぴったりかもし知れません。街中でロードバイクに乗る場合、“いつもスピード出してないといけない”ような感じにもなりますし、路地をウロウロなーんて時には意外と走り難いものです。タイヤが細いので低速での安定感が余りありませんから、ビギナーが操作にロードバイクの操作に苦労するのはその為です。


111216_P1020712

でもシクロクロスなら、タイヤはちょっと太めの32〜35C。これはロードタイヤの約1.5倍ほどの太さです。タイヤ形状はブロックなので滑りやすい路面に対しても有効ですし、ビギナーの方にも扱いやすいと思います。フレームの剛性感もロードよりはゆるめに設定されているシクロクロスですし、不整地を走る仕様ですから、路面のギャップも吸収し易いようになっています。つまり、長く乗っていても快適。


僕の場合はフレームにはテスタッチのスチールをチョイスしました。速く走る為のロードとは違って、ゆったり長く走りたいので“わざわざ”カーボンよりゆるく乗れるフレーム素材をチョイスしています。シクロクロスをレースだけに使わないゆえのチョイスです。だから、輪行もし易いし、普段乗っていても気を遣わず気楽に乗れます。それにスチールは愛情を注ぐにも良い素材ですね。好きな色に塗れますし、長持ち。 もちろん、気楽とは言っても整備はキッチリしましょう。



僕はこれで都内をウロウロしたり、斜度がなだらかな林道をツーリングしたり、レースしたりしています。店頭で試乗も出来ますので、是非ご覧になって下さい。ちょっとお金をかけると車重は10キロ以下、“スチール=重たい”というイメージはもうありません。



しかしながら、テスタッチのスチールフレームは今年の全日本チャンピオンにもなった竹之内悠選手も乗っているTOYOフレーム製シクロクロスのノウハウを注がれて製作されていますので、実は本格的なんです。TOYOよりも10万円ほど安い価格で本格的なシクロクロスフレームを手に入れることが出来ますし、カラーリングも好きなように塗れますので、オリジナルの1台を作ることが出来ますよ。



“速さ”の為ではなく、自分の“好み”をカタチにした自転車を作る楽しみは既製品のロードバイクには無い楽しみですし、 5年以上のスパンで乗ることを考えると安物よりは長く好きになっていられるバイクが必要です。テスタッチのフレームは10万円強〜20万弱ですので、完成車にすると20万円〜でしょうか。思ったより高くないと思いませんか? さすがに車重はそこそこありますが、まぁそこは速さの為じゃありませんから。



ロードを1台お持ちで、さらに乗り換えや買い増しを検討されている方も、是非シクロクロスバイクも検討してみませんか? 不要なロードバイクがある方だったら、フレームだけを組み替えることも可能ですね。フレームとブレーキだけ買えればOK、後は使い回せます。ギア比もロードのままでOK、シクロクロスフリークの方から見れば邪道?かも知れませんが、全然アリだと思います。


(Bicicletta di Mattino 朝倉誠)


墨田区本所のスポーツサイクル専門店「Bicicletta di Mattino」

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです