Photo:ミヤタのクロモリロードバイク「THE MIYATA」


サイクルモード2011でオヤジのるつぼだったのが、ミヤタのクロモリフレームです。ミヤタから「MIYATA JAPON」というプロジェクト名のもと、久々に本格的なスポーツバイクが登場するというわけです。そのクロモリロードバイクは「THE MIYATA」と名付けられました。


MIYATA自転車 | MIYATA JAPON

1981年ツール・ド・フランスの山岳ステージ(Morzine – L‘Alpe d’Huez)を征したピーター・ビネン(Peter Winnen)/CAPRISONNE-KOGAmiyata。彼の勝利を支えたフレームづくりをベースに、さらにMIYATA独自のSSTB(スパイラル・スプライン・トリプル・バテット)化を行うことで、さらに進化させました。 跨ることで感じる人馬一体のフィーリングは、あなたに至福を時間をもたらすはず。 30年の時を超えて磨かれ、残りし物。単なるノスタルジーではない。 現代でも通用する真実のロードレーサーが「The miyata」です。

詳細はまだ詰まりきってないようなので、とりあえず画像で紹介します。


まず、上記Webサイトには出ていない金メッキ仕様。







そしてこちらが「THE MIYATA レジェンド・ブルー」。







そして「ラルプデュエズ」。



詳細についてはまだよくわからないところがあるので、機会があればまた改めて紹介したいと思います。


(須貝弦)







須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like