GIANT2012年モデル:TRADISTシリーズとSEEKシリーズ

あまりにたくさんあるGIANTの2012年モデルのうち、CyclingEXが注目するシリーズをピックアップして紹介していますが、今回はTRADISTシリーズとSEEKシリーズです。


まず街乗りロードバイクのTRADISTシリーズ。クラシックな外観ながらGIANT得意のアルミフレームで「なにげに軽い」のが特徴です。


●TRADIST SL(税込84,000円)


110920_TRADIST_SL_angle

ブラックの引き締まったカラーとディープリムがいかにも「カッコ優先」という感じですが、GIANTらしくなくて面白いです(笑) タイヤはシリーズ共通で700×28Cです。


展示会での実車Photo。フォークはクロモリ。


110920_P1040341

2×9の18スピード、サイズはXS、S、Mの3種類、重量は9.7kg(Sサイズ)となっています。


●TRADIST D(税込68,250円)


TRADISTのドロップハンドルバージョン。変速レバーはダブルレバーが採用されています。


ネイビー。


110920_TRADIST_D_nvy

シルバー。


110920_TRADIST_D_slv

2×8の16スピード、サイズはXS、S、Mの3種類、重量は10.1kg(Sサイズ)となっています。


●TRADIST S(税込64,050円)


フラットハンドルで、フロントダブル仕様のモデル。


110920_TRADIST_S_mst

上記のイエローの他にダークシルバーがあります。2×8の16スピード、サイズはXS、S、Mの3種類、重量は10.0kg(Sサイズ)となっています。


●TRADIST(税込59,850円)


シリーズ中もっとも安価な、フラットハンドル&フロントシングル仕様。


110920_TRADIST_wht

写真のホワイトの他、バイオレットとブラックがあります。


8スピード、サイズはXS、S、Mの3種類、重量は9.9kg(Sサイズ)となっています。


●SEEK 1(税込105,000円)


ESCAPE RやESCAPE RXの影に隠れがちながら、実は結構人気なSEEKシリーズ。MTB系フレームを使ったタフなクロスバイクです。タイヤはシリーズ共通で700×32C。トップグレードのSEEK 1はアルミフォークと油圧ディスクブレーキを搭載しています。


110920_SEEK_1

3×9の27スピード、サイズはS、M、L、重量は12.3kg(M)となっています。


●SEEK 2(68,250円)


機械式ディスクブレーキ搭載のモデル。


110920_SEEK_2_wht

写真のホワイトの他にシルバーがあります。3×9の27スピード、サイズはS、M、L、重量は12.5kg(M)となっています。


●SEEK 3(税込55,650円)


Vブレーキ仕様のベーシックグレード。


ブラック。


110920_SEEK_3_blk

ピンク。


110920_SEEK_3_pnk

ホワイト。


110920_SEEK_3_wht

サンドベージュ。


110920_SEEK_3_sbeg

3×8の24スピード、サイズはS、M、L、重量は11.8kg(M)となっています。


ESCAPE Rシリーズ、ESCAPE RXシリーズ、TRADISTシリーズ、SEEKシリーズで「どれにしたらいいのかわからない」という人もいるみたいです。フラットバーロードに近いクロスバイクがESCAPE RシリーズとESCAPE RXシリーズ、街乗りロードバイクそのものなのがTRADISTシリーズ、そしてSEEKシリーズはタイヤが太く安定感に優れたクロスバイクらしいクロスバイクといった感じです。このあたりも、もうちょっと突っ込んで記事にしたいところですが。


他の2012年モデルについては、カテゴリーアーカイブからどうぞ。


(須貝弦)


Jitensyagaku_110415





須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです