GIANTからANT+対応製品が登場

先ほどGIANTのTCR ADVANCED SL Rabobank等を紹介したばかりですが、ちょっと展示会での写真を見て頂きたく。


その、TCR ADVANCED SL Rabobank。



寄ります。



チェーンステーにセンサーが。



というわけで、GIANTのロードバイク上位モデル(TCR ADVANCED SL、TCR ADVANCED、DEFY ADVANCED SL、DEFY ADVANCED、そしてDEFY ADVANCEDの女性向けバージョンであるAVAIL ADVANCED)には、ANT+対応のスピード&ケイデンスセンサー「RIDESENSE」が標準装備されます。


FS TCR ADVANCED(フレームセット)も、このとおり。



もちろんセンサーだけではなく、GIANTからもANT+対応のメーター等がリリースされます。


いちばんわかりやすいのが「NEOS PRO+」(ネオスプロプラス)。メーターとHRセンサーベルト、PC接続インターフェースがセットになっています。税込15,750円。


110921_neospro_001
110921_neospro_002

「NEOS PRO+」はRIDESENSEが採用されているフレームで使用することを前提にしているので、センサーおよびマグネットが付属していません。


RIDESENSEが採用されていないフレームで「NEOS PRO+」を使いたい場合は、ANT+対応のスピード&ケイデンスセンサー、そしてマグネットを別途購入する必要があります。GIANT純正品として「2 IN 1 SENSOR+MAGNETS FOR NEOS PRO AND PRO+」(税込3,675円)が用意されています。


110921_SENSOR

すでにWebサイトにアクセサリーのラインアップも掲載されているので、詳しくはそちらをご覧下さい。


2012 Giant Bicycle [ ACCESSORIES ]


(須貝弦)


Jitensyagaku_110415





須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like