DAHONから飛び出した「Tern」の国内ラインアップお披露目

フォールディングバイクの超有名ブランド「DAHON」から、まさに「飛び出した」と言えるかたちで設立された新ブランド「Tern」。


そのTernが日本国内でのラインアップを発表しました。


●Verge X20



SRAM RED(前2×後10段)を搭載した20インチのフラッグシップ。重量は9.3kg。価格は税込315,000円。


●Verge X30h



SRAM DualDrive IIとシマノ・アルテグラを搭載したモデル。重量は10.3kg。税込199,500円。



これがDualDrive II搭載のリアメカ周り。内装3段ハブに外装10段のスプロケットが取り付けられている。つまり30段変速。内装3段がふつうのコンポのフロント変速のような役割を果たす。


●Verge S11i



シマノ・アルフィーネ11搭載モデル。税込207,900円。重量は12.3kgとややかさむが、個人的にはコレがいちばんほしい。



ちょっと変わったチェーンカバー付き。チェーンそのものにカバーがついてる感じ。「BioLogic FreeDrive」という。追記:このカバーは取り外せます。



ハンドルの折りたたみレバー。


●Verge Duo



こちらは2段変速モデル。SRAMの自動変速システム搭載。重量11.3kg、価格は税込93,450円。



これがその自動変速内装ハブ「SRAM Automatix」。そしてこのモデルも「BioLogic FreeDrive」採用。最初ベルトドライブかと思いました。



内装ならではのシンプルなルックス。追記:リアブレーキはコースター。


●Verge X10



SRAM X9採用のモデル。1×10の10スピード、重量9.7kg、税込178,500円。



X9のホワイトモデル。


●Verge P18


すみません写真ないです。カタチはこちらでご確認を


Vergeシリーズのフレームでシマノ・ティアグラ搭載。2×9の18スピード、重量11.6kg、税込126,000円。


●Link P9



比較的お求めやすいLinkシリーズ。9スピード、重量11.5kg、価格は税込90,300。


●Link D8/Link Uno


8スピード、重量12.1kgの「D8」が税込61,950円、シングルスピードの「Uno」が重量11.5kg、税込61,950円。



畳まれた状態のの「Link D8」。こうやってみると、まんまDAHONだが(笑)


Unoの画像は本国サイトで


●Eclipse P9



こちらは24インチホイールのモデル。機械式ディスクブレーキ採用、9スピード、重量13.0kg、税込105,000円。


●Joe D24


写真なくてすみません、26インチモデル、3×8の24スピード、重量14kg、税込66,150円。


といっても本国サイトで見られます。


ということで、駆け足でTernのデビューを飾る2012年モデルを駆け足で紹介しました。


取り扱い代理店はサイクルクリエーションに決まりましたが、日本語Webサイトはまだできてません。日本未導入モデルを含め、情報は本国サイトで見ることができます。


Twitterのほうでは、日本語で情報発信が行われています。


Tern Bicycles Japan (tern_jp) は Twitter を利用しています


(須貝弦)


Jitensyagaku_110415





須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like