島巡り 自転車はそのままで?

中国新聞にこんな記事がありました。


しまなみハイウェイ

しまなみハイウェイ by harukasan, on Flickr


島巡り 自転車畳まず乗降 – 中国新聞

瀬戸内海の島々にサイクリング愛好家を呼び込もうと、広島県は9月から、自転車を分解せずに持ち込める専用の列車と船、大型バスを運行する。三つの交通機関を連携させ、気軽に島巡りできるよう送迎する。この事業を旅行会社による商品化につなげ、サイクリングによる集客増を目指す。

とりあえず今回は実験のようです。対象となるのは「瀬戸内しまなみ海道」と「安芸灘とびしま海道」。

特別列車「サイクルトレイン」(4両編成、定員60人)はJR西日本に運行を要請。JR広島駅を発着点に(1)山陽線の尾道駅(2)呉線の仁方駅(呉市)―との間で走らせる。運行日は広島―尾道間が9月17日〜10月23日のうちの計11日間、広島―仁方間は9月4日〜11月27日のうちの計10日間を予定する。

 列車の運行に合わせ、貸し切り船「サイクルシップ」を計8日間、「サイクルバス」を計5日間それぞれ走らせる計画。船とバスの運行ルートは、尾道港(尾道市)や仁方港(呉市)、尾道、仁方両駅などを発着点に想定する。

成果が得られて事業化できれば良いですね。


(須貝弦)


Jitensyagaku_110415





須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです