トレックがカーボンリサイクルを開始と発表

トレックが「トレックが業界初となるカーボンリサイクルを開始」と発表しています。


トレックが業界初となるカーボンリサイクルを開始 | トレック

アメリカ、ウィスコンシン州に本社を構えるトレック・コーポレーション(以下トレック)は、業界初となるカーボンリサイクルプログラムをスタートさせた。まずはアメリカ本社工場にて、排出される廃材となったカーボンファイバーを再生していく。
トレックは1992年にカーボンバイクのパイオニアとしてカーボンフレーム製造をスタートして以来、常に世界最先端技術の開発を続けている。航空宇宙産業の技術を取り入れたOCLVカーボンは、強度と軽量さを高次元で両立していることで知られているが、これまでリサイクルに関しては不可能だと思われていた。
今回トレックは、世界最高レベルのカーボンリサイクル技術を持つMaterials Innovation Technologies (MIT LCC)とパートナーシップを結び、3ヶ月間におよぶリサイクル稼働プロセステストを経て、見事成功に至った。


同社の発表によりますと、リサイクルの対象となっているのは、カーボンフレームの製造過程で出る余剰カーボン、そして保証期間内に返品となったフレームだそうです。サーモプラスチックを強化する素材にリサイクルされるとのこと。


将来的に、より幅広い範囲のリサイクルへの取り組み(使用済みフレーム、ウェア等)を期待したいところ。


(須貝弦)


Jitensyagaku_110415





須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです