サイクリスト一人一人の力を。「Cyclists Pray For JAPAN」

110401_001

立ち上がってだいぶ日にちが過ぎましたが、まだ記事では紹介していませんでしたので、3週間目のこの機会にお伝えします。


Cyclists Pray for Japan

このたび東北太平洋沖地震の発生に際し、被害を受けられた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

被災された地域でも多くのロードレースが行われており、地元の方々にはこれまで多くの応援を頂いてきました。
サイクリスト一人一人の力を集めることで、より多くの支援、応援メッセージを届けられるよう、
Cyclists Pray For JAPAN を立ち上げました。

一人一人できることは異なるかもしれませんし、方法も違うかもしれません。
しかし、その思いは一つだと思います。
世界中のサイクリストが日本へ向けてもらえる思いを集め、届ける窓口になれればと思っています。


寄付先などについての詳細もWebサイトから確認できます。


賛同しているサイクリストの方々は下記の通りです。

  • D’ANGELO & ANTENUCCI (NIPPO)
  • 伊丹 健治 (チームブリヂストン・アンカー)
  • 清水 都貴 (チームブリヂストン・アンカー)
  • 福島 晋一 (Terennganu Pro Asia Cycling / ボンシャンス飯田)
  • 宮澤 崇史 (Farnese Vini-Neri Sottoli)
  • 土井 雪広 (Skill-Shimano)
  • 新城 幸也 (Europcar)
  •  
  • 今中 大介
  • 竹谷 賢二 (スペシャライズド契約アドバイザ)
  • 高橋 松吉 (JCFナショナルチーム監督)
  • 栗村 修 (宇都宮ブリッツェン)
  • 片山 右京 (プロジェクトリーダ)

(須貝弦)







須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです