キャノンデール・ジャパンが震災支援策を発表

キャノンデール・ジャパン株式会社が、東日本大震災の支援について発表しています。


支援の内容は、以下の3つ。


(1)世界中の社員が一丸となって取り組む”マッチング義援金”プログラム


キャノンデール・ジャパンが呼びかけ全世界1,200名のドレルインダストリー社レクリエーショナル&レジャー事業部社員から義援金を募り、募金総額と同額を会社が拠出する「マッチング義援金プログラム」に取り組んでまいります。集めた義援金は、日本赤十字社を通じて寄付させていただきます。


(2)日本国内における自転車販売金額の5%を寄付


2011年5月1日から2011年6月30日までの期間、店頭で販売された自転車の販売金額の合計より、5%を義援金として、日本赤十字社を通じて寄付させていただきます。自転車を購入したお客様から、購入時にお渡しするユーザー登録はがきを弊社までご返送いただき、このはがきをもとに、金額を算出いたします(2011年7月末迄到着分有効)。お客様とキャノンデール・ジャパンがひとつになって被災地の方々をサポートしてまいります。


(3)300台の自転車を無償で提供


交通機関やインフラが整備されるまでかなりの時間を要することが予想されます間、被災地の方々の移動をサポートできるよう、自転車300台を無償にて提供させていただきます。提供時期、方法、車種等については被災地の皆様の状況を考慮いたしまして、追ってご案内いたします。また、提供の自転車の一部は、リクイガス-キャノンデールプロサイクリングチームのパートナーでもありますFSA社様にもご協力をいただいております。


自転車1,000台の提供を発表したGIANTをはじめ、自転車業界からの支援が、続いています。


Cannondale Japan キャノンデールジャパン : NEWS


(須貝弦)


Jitensyagaku_110415





須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです