あの軽量ロードフレームの体重制限は…

ロードバイクは他のジャンルの自転車に比べて軽量なフレームが特徴です。今どきの軽量カーボンフレームに限ったことではなく、体重制限を設けてでもフレームの肉厚を削って軽量化するという取り組みは、金属フレームでも行われていました。例えばINTERMAXのU2(絶版モデル)は確か体重制限70kgだったと記憶しています。カタログには「日常的な使用には向かない」とまで書いてあったような。


さて、近ごろの超軽量フレームとして思い浮かぶもののひとつに、SCOTT(スコット)のADDICT RCがあります。


110226_001
GOLDWIN SCOTT BIKE

完成車重量がUCI規定の6.8kgを下回るのはもちろんのこと、サンプルバイクでは4kg台なんてものまであったわけですが、じゃぁフレームの体重制限はあるのかと思ったら、代理店であるゴールドウィンのブログにこんな記述を見つけました。


メカニック通信 vol.1 ドレスアップADDICT|SCOTT&GOLDWIN NEWS

もちろん、ドレスアップADDICTは、普通に走る事が出来ます。

ヒルクライムレースにとって、強烈な武器になる事は、間違いないでしょう。

採用パーツの中で、体重制限が87kgまでというパーツがあるものの、

フレームはまったくもって、市販品です。(重量目安フレーム790g・フォーク330g)

フレーム自体は、体重制限が110kgまで問題はございません。

ドイツのEFBeを優れた基準でクリアしております。

世界で最も安全な超軽量フレームといっても言い過ぎではないと思います。

110kg! マジですか!?


体格の良い人の多いドイツで売ろうと思ったら、そういうスペックも必要なのでしょうか。なんとなく「上限80kgくらいかな?」などと想像していたので、びっくりしてしまいました。


(須貝弦)


Jitensyagaku_weekendver





須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like