コネタ:ボッシュは電動アシストシステムに本気、他

●ボッシュは本気らしい。


ボッシュが自転車用電動アシストシステムを量産へ | レスポンス自動車ニュース(Response.jp)

ボッシュの仏法人ロバート・ボッシュ・フランスは2011年より、自転車用電動アシストシステム『eBike』の量産を始めると発表した。

今回発表されたシステムは、昨年9月にドイツのフリードリッヒスファーヘンで開催された自転車ショー「ユーロバイク2010」に出展されたものの量産型で、ドライブユニット、充電器内蔵のリチウムイオンバッテリー、ドライブコンピュータからなる。13のメーカー16ブランドの自転車に対応可能だという。


●ちょっと前に話題になってた動画ですが面白いので、とりあえず。


ゲート降りずBMX選手全員転倒、レースの出鼻をくじかれた動画が話題に。 | Narinari.com

レースの世界は、ほかの選手より早くゴールしてこそ意味があるもの。どの競技においても、選手たちは少しでも上位に入ろうと日々努力して鍛錬に励み、本番を迎えている。そしていざレースに臨むにあたり、最初の重要なポイントとなるのがスタートだ。わずかな遅れでも致命的になるような競技であればあるほど、選手たちはスタートが切られる瞬間に神経を集中させなくてはならないが、ある自転車レースではそんな気持ちも一気に吹き飛ぶハプニングが発生。その瞬間を収めた動画が話題を呼んでいる。

●民主党政権は本気かな?


>交通基本法案:「自転車を活用」 首相、意向示す – 毎日jp(毎日新聞)

菅直人首相は28日の参院代表質問で、政府が今国会提出に向けて検討を進めている交通基本法案の中に、人と環境に優しい自転車の活用を盛り込む意向を明らかにした。

●該当の方はお早めに。ブリヂストンサイクルのサイトはコチラ


自転車の子ども座席交換早く – 中国新聞

ブリヂストンサイクル(埼玉県上尾市)が無償交換している自転車の子ども用座席の回収が進んでいない。購入者の把握が難しいことや、周知不足が原因とみられ、昨年9月からの回収率は14・5%。子どもがけがをする恐れがあるため、広島県内の自転車販売店や広島市などは早めの交換を呼び掛けている。

●秋葉原の歩行者天国が再開したら、自転車ネタでとあることをやろうと思っていたのだけれど、この様子だと厳しいようです。


がんじがらめの秋葉原「ホコ天」再開―やり過ぎ嫌って遠のく客足 (1/2) : J-CASTテレビウォッチ

 無差別連続殺傷事件から2年7か月。東京・秋葉原の歩行者天国(ホコ天)が1月23日(2011年)に試験的に再開された。秋葉原は電気街、クールジャパンを代表する観光地、若者のたまり場、IT企業のオフィス街、行政、昔からの商店街など、様々な顔を持つ。「クローズアップ現代」がホコ天再開までを追った。

●最後に告知失礼します。その1。


2011年2月12日(土) 13:30〜16:00、「手ぶらで参加できるパンク修理&チューブ交換講座」を開催します。詳しくはコチラ


告知その2。Amazonのインスタントストアを作りました。作りました!(笑)上部ナビゲーションにもさりげなく加えています。


CyclingEXストア


(須貝弦)


Koza







Road2010_top_mini

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like