ESCAPE R2で町田から横浜まで

101130_001

ひさびさESCAPE R2関連記事です。


先日の日曜日、横浜駅のすぐ近くで打ち合わせがあり、天気が良かったので自転車で出かけることにしました。町田市内の小田急線鶴川駅から、横浜駅を目指す片道30kmのショートトリップとなりました。


出かける前に考えたのは、どのルートを選ぶかということ。できれば、なるべく平和で走りやすいルートにしたいものです。そこでしばし地図とにらめっこした結果、鶴見川沿いに新横浜まで下り、そこから横浜上麻生道路経由で横浜駅を目指すことに。そして鶴見川沿いのサイクリングロードは狭いところも多く、自然とまったりペースを強いられるのと、途中フラットダートがあることもわかっていたので、自転車はロードバイクではなくESCAPE R2を選びました。


走ったルート(片道)はこちら。



距離はこの図だと26.6km。自宅は鶴川駅よりもうちょっと離れていて、最終的な距離は冒頭にも書いたように片道ほぼ30km。川沿いは人もいるので20〜22km/h程度のペースで流しますが、信号も交差点も少ないので順調に進めます。川沿いということでアップダウンがほとんどなくてラクチンです。横浜上麻生道路も想像していたより平和で、予想どおり1時間45分ほどで到着できました。


帰り道は、そのまま帰るのも面白くないと思い、鶴川ではなく町田駅方面に向かいます。といっても、新横浜でスタバに寄ってから鶴見川沿いを上がって行き、途中で恩田川沿いに進むだけ。ほぼ横浜線沿いに走って、こちらも30kmほどで町田駅付近に到着です。



その後、町田市内を走って鶴川まで戻ると、走行距離は70kmになっていました。


実はプロムナードバーにしてから50km以上走ったのは初めてだったのですが、終始平和な気分でまったりと走ることができました。まったりペースなら、こんな(といってはなんですが)街乗り仕様のESCAPE R2でも全然大丈夫。「横浜駅近辺の会社に就職して自転車通勤したい」とすら思ってしまいました(笑)


もちろんロードバイクのほうが速くてラクなのは当然ですが、これはこれで、十分アリです。


ちなみに服装はメッシュインナー+長袖ジャージ、タイツ+カーゴパンツ、夕方用にウインドブレーカーも忍ばせて、足下はSPDシューズ+薄手のシューズカバー……と、真面目に自転車仕様。普段着だったら「まったり平和でラクチン」なんて感想は、出てこなかったかもしれません(というくらい、ウェアも大事です)。


(須貝弦)










Road2010_top_mini

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです