安物買いの銭失いとはこのこと:乾電池編

short circuit or incinerate

short circuit or incinerate by conskeptical


※写真と本文は関係ありません


気に入って使っていたLEDライト「SERFAS SL-70 REBEL」ですが、壊してしまいました。電池の液漏れが原因で。


SL-70は明るい代わりに電池の持ちを犠牲にしていますが、最初から付属していたモニター用の単4乾電池は、結構持ったと思います(他のライトと併用で点滅メインで使っていたということもある)。


でもさすがに電池を交換せねば……と思っていた頃、スーパーのレジの前に安い単4アルカリ乾電池8本パックがあったので、とりあえずこれでいいか、と購入しました。正確な値段は忘れましたが、とにかくその棚の中でもっとも1本あたりの値段が安かったことは間違いありません。


しかし使ってみてびっくり。点滅で使っていて10時間もしないうちにガクッと暗くなります。しかたがないので再度電池交換。4本使用のライトなので、8本パックの残り半分を早くも投入します。そしたら今度は数日で液漏れ。しかもライト内部にまで液が回るという悲惨な状況で、あえなくSL-70は退役。


「ゴミを増やした」という結果だけが残りました……。


(須貝弦)










Road2010_top_mini

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like