埼玉:ミニストップのイートインコーナーに「自転車の駅」

コンビニエンスストアチェーンのミニストップが包括的連携協定を結んだことを記念し、埼玉県の食材を用いたオリジナル商品を販売する「関東の味発見〜埼玉編〜」フェアを11月9〜22日に実施。同県の地産地消を支援すると発表しています。


さらに、埼玉県内のミニストップのイートインコーナーに「自転車の駅」を設けることも発表されていました。


プレスリリース(PDF)


ECO JAPANでは次のように触れられています。


ミニストップ、埼玉産食材を使ったフェアで地産地消を支援:エコライフ:ECO JAPAN -成長と共生の未来へ-

同県内156店舗には、ミニストップの特長のイートインコーナーを生かした「自転車の駅」を設ける。同県は延長300kmに及ぶサイクリングロードを活用した「ぐるっと埼玉サイクルネットワーク」構想を展開している。これに連携してサイクリング途中での休憩や飲食、トイレに利用してもらうほか、空気入れを貸し出したり、観光パンフレットを設置したりして、CO2を排出しない自転車の利用をサポートする。

上記の通り、「自転車の駅」は、延長300kmに及ぶサイクリングロードを活用する「ぐるっと埼玉サイクルネットワーク構想」と連携したものだそうです。


ぐるっと埼玉サイクルネットワーク構想については、下記をご覧下さい。


ぐるっと埼玉サイクルネットワーク構想 – 埼玉県ホームページ


(須貝弦)










Road2010_top_mini

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like