Raleigh Japan 2011年モデル

今回はラレーの2011年モデルの一部を紹介します。イギリス発祥のラレーも、現在ではそのブランドがいくつかのディストリビューターへライセンスされるというスタイルになりました。アメリカではRaleigh USAがありますし、日本では新家工業が製品を企画・開発しているわけですが、その実直な製品作りには定評があります。


もはや定番と言える「CLUB SPECIAL(CLS)」。ロストワックスラグを用いたクロモリフレームです。サイズは510mmと540mm、税込115,000円です。カラーはクラブグリーンとマルーンレッド。


P1030026

そして夫婦でお揃いにするのにぴったりな女性向けモデルがこちらの「TRENT SPORT(TM7)」。430mmサイズの未キスとフレームで、ホイールは700C。税込65,000円です。


P1030023


こちらは「CARLTON-N(CRN)」。クロモリフレームにオールメッキのクロモリフォークを採用。コンポはシマノ・ティアグラで税込110,000円です。サイズは460mm、500mm、540mm。


P1030039

メッキフォークとティアグラのブレーキ。


P1030042

ハブもティアグラ。


P1030044

カラーはオーロラブルーとナチュラルグリーンの2色。


最後に、クロスバイクの「RADFORD-LTD(RFL)」。カラーコーディネートが明るくていい感じ。変速は3×7の21段、フォークもアルミですが、変速機やブレーキをシマノ製で統一しています。サイズは370mm、420mm、480mm、税込49,800円。


P1030030

カラーは、メープルレッド、クラブグリーン、ライトブルーです。


(須貝弦)










Road2010_top_mini

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like