高校生が自転車レインウェアを開発

神奈川県の茅ヶ崎・寒川地区の県立高校生たちが、自転車通学のためのレインウェアを開発したのだそうです。


自転車の傘差し事故なくせ! 高校生開発レインウエアを知事PR (1/2ページ) – MSN産経ニュース

中高生の傘差し運転による自転車事故をなくそうと、神奈川県の茅ケ崎・寒川地区の県立高校5校の生徒らが開発したレインウエア「アメともくん」が19日、松沢成文知事の定例会見で披露された。ペダルを漕ぎやすいよう下半身部分にマチを付けたのが特徴で、着用した松沢知事が会見室に登場。自転車に乗って「楽々漕げる。優れものでしょう」などとPRした。


確かに雨の日に傘をさしている高校生は多いですよね。でも、傘をさしながら自転車に乗るのはとても危険です。


そういえば以前にこんな記事を書いていました。


自転車の傘さし禁止でレインコートが売れる、かも

昨日、自転車の幼児2人乗せ解禁を含む道交法施行細則が、各地で改正されました。併せて、傘をさしながら自転車を運転することが禁止されたところも多いはずです(昨年から禁止の県もあります)。

そんな道交法施行細則の改正に伴って、レインコートが売れている、かも……という話でした。


ちなみに先の神奈川のレインコートは、お値段2980円で、制服販売店で販売されるそう。背中はどうなってるのかな。反射テープはついてるそうですが。


筆者は雨の日は自転車に乗りませんが、もしかすると降られるかも……というときは、まっ黄色&反射材付きのレインウェアを携帯しています。


(須貝弦)










Road2010_top_mini

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like