神田・秋葉原・神保町周辺でコミュニティサイクル社会実験

「大丸有地区・周辺地区環境交通推進協議会」によるコミュニティサイクルの社会実験(過去記事)が、この秋も都心で行われることになりました。期間は10月25日(月)〜11月24日(水)。


METROAD MARUNOUCHI -大丸有地区・周辺地区環境交通社会実験-


101021_001


今回の社会実験は、神田・秋葉原・神保町周辺が対象。どこの駐輪場でも自転車の貸出・返却ができるマルチポート型で、ポートは11ヶ所設けられます。


利用には登録が必要で、初回登録費用は一般300円、法人500円。料金は1日200円。1回の利用は1時間までですが、営業時間内であれば200円で1日に何度でも利用できます。1日券の他、3日券(500円)、1週間券(1,000円)、1ヶ月券(4,000円)が用意されるとのこと。


社会実験の内容がそのつど少しずつ変化していますが、いろいろなデータをとっているのでしょうか。


協議会の会長である高橋洋二氏が、2回目の社会実験(今年1月)を前に、インタビューに答えた記事がありました。コミュニティサイクルだけではなく、さまざまな取り組みが行なわれていることが伺えます。


都市の魅力と環境の両立へ――「未来の交通」を探そう::大丸有 エコまちづくり解体新書::レポート::丸の内地球環境新聞::ECOZZERIA エコッツェリア

(須貝弦)










Road2010_top_mini

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like