ESCAPE R2長期インプレ「便りのないのは良い便り」

100802_escape

5月末以来のESCAPE R2長期インプレ記事です。


当初は「そのうちいろいろ改造しよう」なんて思っていたESCAPE R2ですが、結局のところシートピラーを交換しただけで今日に至っています。悩んだサドル&シートピラーについては少し試行錯誤したのですが、前回の組み合わせがピッタリ来て、その後は尻が痛くなることも無く順調に来ています。サドルの幅(純正サドルは幅が可変)も、3段階のうちいちばん広いところで落ち着きました。上体が起きたポジションなので、クッション性の高い純正サドルかつ広めの幅でちょうど良かったみたいです。


この2ヶ月間のうちに起きた問題は、その純正サドル(SPEED GROOVE ADJ)の幅を調整するためのボルトが、緩んだこと。走行中にサドルから「カクッ」という音がしたので降りて調べてみたら、ボルトが緩んで幅が少し変化していました。幅を変えた際にはかなりしっかり締めたつもりなのですが、それでも緩みました。まぁボルトは緩むものだと思って、SPEED GROOVE ADJをお使いの方はときどきチェックしてみてください。


それ以外はとくに問題も無く、街乗り用自転車として使っています。ロードバイクも持っているので、ある程度距離を乗りたいときはロードバイクを使ってしまいますが(ドロップハンドルのほうがラクだし)、それでも40kmくらいまでなら、ESCAPE R2で出かけています。


購入当初は内心「すぐタイヤを交換しそう」とか「タイヤにとどまらずホイールを交換してしまおうか」などと思っていたのですが、シートピラー意外は標準のパッケージが案外と気に入っています。一時期は不満を感じたエルゴノミック形状のグリップも、なんだか慣れてしまいました。ただ、やはりバーエンドは付けたい今日この頃です。


(須貝弦)










Road2010_top_mini

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです