赤い灯火はリヤなのよ

100718_ld130r

赤いLEDライト、自転車のリヤ用としておなじみですね。上の画像はキャットアイ TL-LD130-Rです。


ここでぜひ強調しておきたいのは「赤い灯火はリヤ用である」ということです。


自転車の灯火の色は都道府県の公安委員会が定めていますが、基本的には前照灯が白色または淡黄色、尾灯が橙色または赤色と決められています(橙色NGな場合もあり、例:東京都)。


少なくとも、赤い灯火は「尾灯」です。しかし、赤いLEDを自転車のフロントに取り付けている人が、少なからずいます。


例えば、赤いLEDを自転車の前かごクルマのドライバー等からは「尾灯」と認識されます。暗い夜道で正面衝突される可能性もあります。


赤い灯火を自転車の前面に使用するのは、絶対に!やめましょう。


(須貝弦)










Road2010_top_mini

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです