全日本選手権ロードレース男子は宮澤崇史が優勝

日曜日に広島で行われた全日本選手権ロードレース男子は、宮澤崇史(TEAM NIPPO)が、4人のスプリント勝負を制して優勝しました。

2位に鈴木真理(シマノ)、3位にはこのレースをもって引退する野寺秀徳、4位には 佐野淳哉(TEAM NIPPO)が入りました。

速報リザルトはJCFのサイトで公開されています。

Ustやテキストライブの皆さんもお疲れさまでした。来年は私も現地に行けるように頑張りたいと思います。

それにしても3位に入った野寺選手、まだまだ第一線で走れそうなのですが、

SHIMANO Racing Hisafumi Imanishi Blog: 全日本選手権〜ラストレース

そしてこの場でのご報告になりますが、私も野寺選手と同様に、このレースが監督としてラストレースとなりました。

後継として、野寺選手が監督職を引き継いでくれます。

このように、今西さんが監督職を退くこと、野寺さんが後任であることがブログにて発表されていました。

(須貝弦)

Road2010_top_mini



須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like