シマノ野寺選手が全日本選手権限りでの引退を表明

シマノレーシングのキャプテンを務めている野寺秀徳選手が、6月27日の全日本選手権ロードレースを最後に引退することを表明しました。


100605_nodera

2005年の全日本選手権を走る野寺選手(前)


野寺秀徳選手引退のお知らせ – Shimano Racing Web


現シマノレーシングのキャプテン/野寺秀徳選手(34歳)が、6月27日に広島森林公園で開催されます「全日本選手権ロードレース」をもって、現役を引退します。

野寺選手は、1998年よりシマノレーシングに所属し、数々の功績を残してきました。その中には、2005年、2008年の全日本チャンピオンや2002年にはジロ・デ・イタリア完走などが含まれます。


野寺選手のブログには次のように書かれていました。


私、野寺秀徳は、6月27日の全日本選手権を最後に、現役生活に終止符をうつ事になりました。



突然の事、と驚いて下さる方もいらっしゃるかと思いますが、私の中では以前から決めていた事なのです。

お近くの方はぜひ最後の勇姿を見に行ってください。

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです