ESCAPE R2のサドルについてちょっとだけ悩む

前回シートピラーとサドルを交換したESCAPE R2。しかしその後、思わぬ?事態が。


20kmくらい乗っただけで、尻が痛いではありませんか(笑) ピラーはITMのミレニアム、サドルはサンマルコのストラーダ、どららももともとロードバイクで、何の問題も無く使っていたにも関わらず、です。おそらく、ESCAPE R2は筆者が所有しているロードバイクよりもハンドルが近く、高く設定してあることで、サドルにどっかりと座るようなかたちになり、それで尻が痛いのでしょう。


じゃぁ、もっと前傾姿勢にしちゃう? それともシートピラーとサドルを元に戻して快適志向にする?


出した答えはコレ。


100530_001


シートピラーはITMのミレニアムのままで、サドルは純正に戻しました。


このサドル「スピードグルーブ アジャスト」という商品名です(税込5,250円)。


100530_A0108048_m

弾力のあるサドルです。本格的なスポーツライディングに使用するには、ムニッとした感じが邪魔かもしれませんが、街乗りやポタリング主体、しかもどっかりと座るとなると、ストラーダなんかよりは適しています。「アジャスト」という名前のとおり幅が調整できるのですが、この幅は3段階のうちもっとも幅広に設定しました(最初はもっとも狭くしてあった)。


このESCAPE R2に関しては、クロスバイクらしい安楽さは残しておきたいので、当面はこの組み合わせでいってみようと思います。


ちなみにストラーダはアンカーカーボンに再度装着されました。


(須貝弦)


Road2010_top_mini







須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like