20万円で始めるロードバイクライフ:2010春

Jitensyagaku_110415

2009年に掲載した「20万円ではじめるロードバイクライフ」(2009年モデル版)および「なんとか15万円で始めるロードバイクライフ」(2010年モデル版)。その最新版として「20万円〜」のほうを、2010年モデルで作り直してみました。例によってカタログ記事ですので、そのへんはあしからず。


まず自転車本体ですが、「15万円〜」で挙げたモデルはそのまま今回も候補に入ります。さらに(一部重複してますが)以下のような感じで挙げてみました。おすすめというよりも例として見てください。


FELT F95 チームイシュー(税込104,790円)


100501_001

「15万円〜」で挙げたZ100はコンフォート寄りでフロントがトリプルギア。一方こちらF95はレーサー寄り。フロントギアはダブルでコンパクトドライブ(50×34)となっているのが違い。ロードバイクというよりも「ロードレーサー」に興味があるなら、ZシリーズよりもFシリーズで。


GIANT DEFY 2(税込99,750円)


100501_002

アメリカの自転車専門誌「バイシクリング」が毎年実施している「エディターズチョイス」の2010年版で、もっとも優れた入門用ロードバイクとして選ばれたのが、実はDEFY 2(北米モデル)。見た目はコンフォート系だが、同社のSCRシリーズよりワンランク上のフレーム素材が使われていて侮りがたい。


TREK 1.2(税込105,000円)


100501_003

トレックのロードバイクとしては最廉価のモデル。ジオメトリーは、同社マドンシリーズのパフォーマンスフィット(モデル名にProとつかないほう)と同一なのが特徴。今回の予算でトレックが欲しいとなったら、このモデルか、ギリギリで1ランク上の「1.5」(税込130,000円)か。


Calamita Due(税込89,250円/シルクブラッシュカラーは99,750円)


100501_004

スチールフレーム代表として、デリバリー開始となったばかりのアクションスポーツ・カラミータ Dueに出てもらいましょう。ダブルレバーの採用は雰囲気と価格の両立といったところでしょうか? 湾曲したシートステーで乗り心地は良さそう。この価格帯のスチールバイク完成車でカタログ重量8.9kgは立派。


JAMIS Satellite(税込109,000円)


100501_005

こちらもスチールフレーム。Reynolds 520チューブを使ったツアラー系のロードバイクです。勝手な想像ですがアメリカ人が好きそうな感じですね。スペックに目を通すと、小さいサイズはクランクを165mm、ハンドル幅を400mmにしているあたり、良心的だと思いました。


……と、自転車本体の選択肢をいくつかご紹介したところで、話がグッズ類に移ります。もうおわかりだと思いますが、「20万円」という予算のうち半分を自転車本体、もう半分をグッズ類というふうに考えてみました。過去の記事ではグッズ類はまず5万円、その後いろいろ買い足して……という感じだったのですが、今回はひととおり、安めのものでもいいから一気に揃えると仮定してみましょう。


大ざっぱな金額だけ書いてもイメージしにくいでしょうから、今回はグッズも具体的に製品名を挙げてみたいと思います(あくまでも例として)。



ヘルメット OGKカブト リガス ¥11,550
グローブ スペシャライズド BG Gel Glove ¥4,200
アイウェア BBB ドライバー クリスタルシルバーブラック ¥5,775
ジャージ パールイズミ プレーンジャージ ¥7,350
パンツ パールイズミ クエスト パンツ ¥5,775
ソックス BBB クールフィート ロード ¥1,575
ペダル シマノ PD-5610-S ¥7,245
シューズ シマノ SI-4J20B  ¥9,800
アームウォーマ パールイズミ アームウォーマ ¥3,465
レッグウォーマ パールイズミ レッグウォーマ ¥4,900
タイヤレバー BBB イージーリフト ¥399
予備チューブ BBB チューブ 700C FV33 BTI-71 ¥840
ツール CRANK BROTHERS マルチ-5 ¥1,155
ロック BBB パワーセーフ ¥1,470
ミニポンプ TOPEAK ポケット ロケット DX マスターブラスター ¥3,360
サドルバッグ TOPEAK エアロ ウェッジパック (ストラップ マウント) S サイズ ¥1,995
ボトルケージ TOPEAK シャトル ケージ AL ¥1,029
ボトル BBB ハイドロタンク ¥682
前後ライト TOPEAK ハイライト コンボ II ¥3,465
メーター TOPEAK コンプ130 ¥2,520
フロアポンプ TOPEAK ジョーブロー プロ ¥9,870
ケミカルセット ペドロス トータルバイクケアキット ¥4,410
合計   ¥92,830
(価格はすべて税込)


挙げるとキリがないですね。実はウインドブレーカーが入ってなかったりとか……入れれば、限りなく10万円に近づきます。ジャージ&パンツも一張羅おじさん状態。とはいえ、グッズに10万円の予算を割けば、(贅沢を言わなければ)かなりの物が揃えられることはわかります。後はお好みと懐具合に応じて、どこを手厚くするか、何を買い足すか考えれば良いでしょう。乗りはじめてから欲しくなるもの、たくさんあります。


そんなわけでダラダラと書いてみましたが、何かの参考というか、イメージを膨らませる手助けになれば幸いです。


(須貝弦)


Road2010_top_mini







須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです