神奈川県厚木市が児童用自転車ヘルメットの購入を助成

神奈川県厚木市では、市内の全小学生を対象に、自転車用ヘルメットの購入した際に1,000円を補助する事業を開始します。


自転車ヘルメット、小学生に1000円補助 : ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

神奈川県厚木市は来月から、市内の全小学生約1万2900人を対象に、自転車用ヘルメットを購入した場合に1000円を補助する。

 県内初の取り組みという。児童・幼児の自転車用ヘルメット着用は、2008年の道路交通法改正で努力義務となったが、同市の小学生のヘルメット所有率は昨年末で42・1%にとどまる。同市は今後、3年かけて100%にすることを目指す。


厚木市の発表はこちら。


厚木市:児童用自転車ヘルメット購入費助成事業について

道路交通法の改正により児童用自転車ヘルメットの着用が努力義務化されたことに伴い、自転車乗用中の児童の頭部を保護及び転倒時における怪我を軽減させるため、児童用自転車ヘルメットの購入費の一部を助成し、着用の普及と交通安全意識の高揚を図る。

市内在住で小学校1年生から6年生(の保護者)5,200人分の予算が確保されているそうです。対象となるヘルメットは、SGマークがあるもの。今年度の助成期間は6〜8月となっていますが、この事業を3年間行い、ヘルメットの普及率向上を目指すということのようです。


子どもは成長しますし、安全のためにもヘルメットは何年かに一度買い替えたいですから「一度買って終わり」というものでもありませんが、助成事業によって、とにかく、まずはヘルメットを手に入れて欲しい……といったところでしょうか。


(須貝弦)


Road2010_top_mini







須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです