新城幸也、ジロ・デ・イタリア第5ステージで逃げ切りの3位

現在開催中の第93回ジロ・デ・イタリアにおいて、BBOXブイグテレコムに所属する日本人選手、新城幸也選手が序盤から逃げ、最後まで逃げ切って3位となりました。


残り135kmで単独アタック、その後ポール・ヴォス(ミルラム)、ジェローム・ピノー(クイックステップ)、ジュリアン・フシャール(コフィディス)の4人で逃げ集団を形成。終盤にヴォスが力つきて3人になりますが、メイン集団の追い上げにも関わらず「つかまりそうでつかまらない」ままゴール前へ。残り1km強でいよいよ集団が迫ってきたとき、新城が渾身のアタック。それに他の2人がついていき、ステージ勝利はピノーにさらわれましたが、新城のアタックなしして逃げ切りはなかったのではないか……という展開でした。


イタリアのガゼッタのサイトでストリーミングと同時にレースの展開がアニメーションで見られるのですが、


100514_001
100514_002

こんなふうだったわけです!


ラスト1kmの様子は、イタリアの放送局RAIの動画サイトに上がっていました。コチラ(いつまで視聴できるのかはわかりませんので、リンク切れてたらご容赦を)。


この結果、新城選手は逃げ賞を獲得しています。


Cyclingnewsの記事には次のように書かれています。


Motivated Arashiro Makes Breakaway Succeed | Cyclingnews.com

Arashiro was thrilled in the finale. “I was thinking of all the Japanese people who are watching the Giro d’Italia on J-Sport,” he said. “This was my main source of motivation. I could imagine everyone in Japan shouting while I accelerated towards the finish. It gave me a lot of strength.”

via www.cyclingnews.com

つまり、J-Sportsでジロの中継を見ている人々、そしてゴール前の展開にテレビの前で興奮している日本の人々を想像し、それが大きなモチベーションであった、と。


最後に、執筆時点での日本の一般メディアの反応をいくつか(こちらも、リンク切れの際はご容赦を)。


新城が第5Sで3位 伝統の自転車ロードレース – 47NEWS(よんななニュース)


新城幸也3位!惜しい!あと少し!/ジロ – 自転車ニュース : nikkansports.com


キター!新城幸也 ジロ第5Sでステージ3位!【速報】 – 八重山日報ニュースドットコム


新城から石垣島の両親へ 3位の報告【速報】 – 八重山日報ニュースドットコム


昨年のツール・ド・フランスに続いて、すごいもん見ちゃいましたね!


(須貝弦)


Road2010_top_mini







須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like