ルコックスポルティフからサイクリングパフォーマンスライン発売

ルコックスポルティフから、いよいよレースでも使える本格的なサイクリングウェアが登場。

株式会社デサントの展開する『ルコックスポルティフ』ブランドは、2010年春夏シーズンより、本格的なサイクリングパフォーマンスラインの展開をスタートいたします。
『ルコックスポルティフ』は、1951年に初めて世界最高峰の自転車レース「ツール・ド・フランス」の参加チームにジャージが採用されました。また、1966年にはチャンピオンの証であるジャージ、「マイヨジョーヌ」にスポーツブランドとして初めてロゴを刺繍することが認められました。以来、今日にいたるまで、数々のトップ選手やチームのサポートを続けています。
今回、展開をスタートするコレクションはそんな『ルコックスポルティフ』の伝統を引き継ぎながら、素材、パターン、縫製等の最新技術により、日本人の体型にフィットする高機能なウェアとなっております。

via www.descente.co.jp


半袖ジャージやビブショーツ、ジャケット、グローブなどがラインアップされている。


100409_miyazawa

プレスリリースやWebサイトでモデルを務めているのは宮澤崇史選手。


le coq sportif


(須貝弦)


Road2010_top_mini







須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです