OSAKAゆめライド、メディアの反応

開通前の第二京阪を自転車で走るイベント「OSAKAゆめライド」が、14日の日曜日に開催されました。私の周囲でも何人か申し込んでいましたが、1人も当たらず!!(笑) 読者の方で、実際に参加された方はいますでしょうか?


とりあえず、メディアの反応をピックアップしてみました。


雑記帳:橋下知事も自転車で走る…開通前の高速道路 – 毎日jp(毎日新聞)

20日の第二京阪道路(京都市伏見区-大阪府門真市間28.3キロ)の全線開通を前に14日、橋下徹・大阪府知事ら約2500人が高速道路上を自転車で走るイベントがあった。


asahi.com(朝日新聞社):橋下知事も自転車で疾走 20日に全線開通の第2京阪道 – 社会

北海道から沖縄まで1万1千人以上が応募。抽選で選ばれた人たちが、スポーツ自転車、競技用車いす(いずれも30キロ)、一般(10キロ)の3コースに分かれて走った。イベントを提案した橋下徹府知事も一般コースを走り、「気持ちよかった。大阪、関西の活性化につながる道路と確信した」とアピールした。その後あったウオーキングイベントにも約3千人が参加した。

橋下知事もママチャリ走行、第2京阪最新区間 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

スポーツ自転車(往復約30キロ)と一般自転車(同約10キロ)の2コース。大阪府の橋下徹知事がイベントを発案し、約1万1800人から参加の応募があった。

「第2京阪道路」自転車で快走 橋下知事も参加 – 47NEWS(よんななニュース)

約30キロを走るスポーツ自転車の部や競技用車いすの部も実施。橋下氏は本格的な自転車ロードレース開催の構想を明かしたこともあるが、今回は安全を重視。順位やタイムは競わなかった。

 日ごろの運動不足のせいか橋下氏は「きつかった。坂は本当に太ももが危ない状態だった」と本音もちらり。

こうやってみると、橋下知事の発信力ってやっぱりすごいのね。


天気もよかったみたいで、何よりです。


(須貝弦)


Road2010_top_mini







須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです