青山に「ファンライドステーション」オープン

自転車雑誌「ファンライド」を発行している(株)アールビーズ(旧・ランナーズ)が、青山に自転車通勤の拠点となる「ファンライドステーション」を開設、すでにプレオープンしています。本格オープンは3月1日。「ランステ プラス バイク」に次ぐものですが、より自転車に特化した内容となっています。なお、正式名称は「funride STATION+ランステ」のようです。


100217_runsta


月額23,000円の「サイクル会員」には、バイク駐輪ラックと保管用ロッカーを提供。シャワーや更衣室も利用でできます。1日だけのビジター使用は、日額1,500円となっています。室内バイクストレージは40台分を確保。


場所は地下鉄銀座線「外苑前」駅から5分ほどのところ。ブリヂストンサイクルの「バイクフォーラム青山」も近いです。


面している道路は外苑西通りから外苑前駅方面へのメジャーな抜け道で、狭い上にたいへん交通量が多いです。外苑前駅からは一方通行の逆走(自転車は大丈夫なのですが)となります。自転車でご利用になる際は、その点だけひとまずご注意を。


なお、「ファンライドステーション」のマネジャーには、ライターの細沼達男さんが就任されたそうです。


ファンライドステーション

(須貝弦)









須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like