【PR】プロショップで始めるロードバイクライフ:グッズも予算に入れておこう

Rbl2012_m

●ロードバイクを楽しむならグッズも充実させよう

ロードバイクでの走りを安全かつ快適に楽しむためには、自転車本体だけではなくグッズ類が必要です。ロードバイクを購入するときには、これらのグッズも予算に入れておきましょう。

・ヘルメット
09_001

転倒時などに頭部を保護するヘルメット。必須と言えます。

・アイウェア
09_002

日差しを和らげるだけではなく、飛んでくる小石などから目を保護します。

・グローブ
09_003

ハンドルを握る手への負担を和らげます。転倒時に手のひらを守ることもできます。

・ペダルとクリート
09_004

09_005

実は、ロードバイクの多くがペダルの無い状態で販売されています。自分の好きなペダルを選びましょう。シューズをペダルを固定するビンディングペダルが一般的(クリートは、ビンディングペダルを使う際にシューズに取り付ける部品です)。ビンディングは怖いと思う方もいますが、少し練習すれば大丈夫です。

・シューズ
09_006

ビンディングペダルで乗る場合は、シューズとペダルを固定する金具(上記の“クリート”)を取り付けることが可能な専用シューズを用います。

・ライト&ベル
09_007

夜間走行する場合はライトが必須。ロードバイクで無灯火なんて(ロードバイク以外でもですが)、絶対にありえません!

カギ
09_008

愛車の盗難防止に!

・パンク修理キット&携帯工具
09_009

09_010

09_011

出先でのトラブルに対処するために、パンク修理キットと携帯工具を持ち歩きましょう。予備チューブも忘れずに。

・携帯ポンプ
   09_012

携帯ポンプがないと、出先でパンクしたときに空気を入れることができません。

・サドルバッグ
09_013

携帯工具や予備のチューブなどは、サドルに取り付けるバッグに収納しましょう。

・メーター
09_014

スピードや距離を知ることができます。

・ボトル&ボトルケージ
09_015

09_016

水分補給は必須です。自転車用のドリンクボトルとボトルケージを用意しましょう。

・空気入れ(フロアポンプ)
   09_017

携帯ポンプはあくまでも緊急用。家で空気を入れるときには、高い空気圧を入れることができるフロアポンプが必要です。

・自転車用のウェア
09_018

機能性に優れた自転車用のウェアがたくさん出ています。普段着とは雲泥の差です。「ぴちぴちのジャージはちょっと……」という人でも、最近はカジュアルなものも増えてきているので心配いりません。

さぁ、こうやって挙げていくとかなりのアイテム数になりましたね。それぞれの価格に関してはピンからキリまでありますので書きませんが、だいたい7万円〜10万円くらいにはなるのではないでしょうか。もちろん、今までクロスバイクに乗っていて、ヘルメットや空気入れなどを持っていた場合は、ある程度はそのまま流用できます。

グッズ類の予算の目安としては、やはり「10万円」ということになるでしょう。つまり、ロードバイクが欲しいと思っている方の予算が「30万円」だった場合、そのうち10万円はグッズで費やされますので、ロードバイク本体にかけられる予算は「20万円」ということになるのです。

[PR]私たちがロードバイクの世界へご案内します!

松戸:ベロシステノブ町田:たかだフレンド川越:シクロガーデン

ベロシステノブ たかだフレンド シクロガーデン

目次へ戻る

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです