【PR】プロショップで始めるロードバイクライフ:フレームで買うか、完成車で買うか

Rbl2012_m

ロードバイクには「フレーム売り」と「完成車」という2種類の販売形態があります。

●フレーム売り

呼んで字のごとく、自転車のフレーム(とフロントフォークのセット)だけで販売されています。カタログでは「フレームセット」などと表記されます。各種のパーツを別途購入し、ショップで組み立ててもらいます。

08_001
フレーム売りの例:FELT AR1 フレーム(税込312,900円)

●完成車

フレームだけではなく、パーツが揃った「自転車」の状態で販売されるものを「完成車」と言います。かつてはフレーム売りが多かったのですが、今ではローエンドからハイエンドまで、多くのロードバイクが完成車として販売されています。

08_002
完成車の例:FELT AR1(税込1,037,400円)

●で、どちらがいいの?

フレーム売りと完成車の両方がある場合、フレームで買えば好みのパーツで組み上げることが可能です。一方、完成車の場合はパーツを自分で買うよりもお買い得になるケースがほとんどです。

一方、完成車のパーツはメーカーが決めているので「フレームサイズはコレでちょうどいいけど、完成車に付いてくるハンドルが広すぎる」といったようなケースも出てきます。プロショップでは、ひとりひとりのユーザーの身体に合った自転車を提供することを目指しているので、もし完成車に付属するパーツがユーザーに合わないと判断した場合は、パーツを交換して組み立てることもあります。

今では完成車でしか販売されないロードバイクがかなり多いので、基本的には完成車で買うことになるでしょう。フィッティングや細かいパーツの交換等については、プロショップで相談すると良いでしょう。

[PR]私たちがロードバイクの世界へご案内します!

松戸:ベロシステノブ町田:たかだフレンド川越:シクロガーデン

ベロシステノブ たかだフレンド シクロガーデン

目次へ戻る

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like