ボントレガーのブランドロゴ変更

トレックジャパンが、トレック傘下のパーツブランド「ボントレガー」のロゴを変更すると発表していました。


ボントレガー、次世代を見据えブランドロゴを一新 | トレック

バイシクルパーツブランドのボントレガーは、シューズやアパレルなど新カテゴリーへの本格参入に伴い、2010年1月15日よりブランドロゴを一新しました。これはボントレガー製品を世界市場においての、明確なアイデンティティとブランドイメージの向上を目的とし、今回のロゴ変更にいたった次第です。

via www.trekbikes.co.jp

新しいロゴはこちら。


100126_bontrager_01


従来のロゴは、製品パッケージ等に使われておなじみだった、こちら。


100126_bontrager_02

ボントレガーの日本語サイトはいつのまにかなくなってトレックジャパンのサイトに統合されましたが、USのサイトはさっそく新ロゴに切り替わり(当然ですが)、レディオシャックのバイクがトップを飾っています。しばらくするとコンタドールとか出てきますが……。


100126_bontrager_03

ボントレガー=トレック傘下、トレックのバイクで標準採用……というイメージがどうしても強いですが、ここ2〜3年くらいでしょうか、ホイールを中心に以前よりも広い層に使われ始めているように思います。


個人的には「ボントレガーハンクタイヤ」というMTB用の太いスリックタイヤが気になっているところです。


100126_bontrager_04

(須貝弦)









須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like