10万円で始めるクロスバイク生活「用品5万」そのわけは?

以前J-CASTにインタビューが載ったのですが、その反響として担当編集者殿が気にされていたのが、J-CASTのコメント欄に「自転車以外の5万円て高くね?」という趣旨のことが書かれていたこと。クロスバイクに関して私が「自転車5万、用品5万」という提案をしていることに対してなんですけれど、私に言わせりゃそのコメント欄とやらを気にして記事を作ってるからJ-CASTはいつまでもJ-CASTなんだと思います。それはともかく、実際にどれくらいかかるのか、もうちょっと詳しく見ていきましょう。

結論から言えば、5万円以下にも5万円以上にもなります。目安として5万円、ということです。

以前「10万円で始めるクロスバイク生活」という記事で挙げたのは下記のものたちです。

価格は以下、全部目安ですのであしからず。

・フロアポンプ:5,000円
・携帯ポンプ:3,000円
・携帯工具:2,000円
・タイヤレバー:600円
・予備チューブ:800円
・サドルバッグ:2,500円
・ヘッドライト:3,000円
・テールライト:2,000円
・ヘルメット:10,000円
・グローブ:3,000円
・アイウェア:10,000円
・メーター:6,000円
・ボトルケージ&ボトル:2,000円

で、追記として、

・カギ:2,000円

ってところ。

個人的には上記のラインアップに省けるものなどひとつもないと思うのですが、強いて言えばサドルバッグはなくてもカバンに携帯工具等を入れる余裕があれば大丈夫です(自分も長期インプレのESCAPE R2に乗るときはその状態)。また、メーターなど付けなくても良いという人もいるでしょう。ヘルメットもアイウェアも、街乗り限定でモノにこだわらなければ各7,000円もあれば手に入ります。だから、50,000円よりイニシャルコストをもう少し下げることは可能です。

でも、むしろ加えたいもののほうが多いくらいで。

まず、パッド付きインナーパンツ(3,500円)。毎日通勤である程度の距離を乗るなら、1枚では足りませんね。

そして日々のお手入れに必要な工具。携帯工具だけでは心もとないし、ある程度自分でいじれるのが自転車の良いところでもあるので、少なくとも、

・プラスドライバー:600円
・アーレンキーのセット:2,500円

くらいは持っておきたいところ。20,000円くらいのツールセットがあるとなお良いですが、まぁそこまでいきなりは投資できないでしょうから、プラスドライバーとアーレンキー以外は必要になったときに少しずつ……で構わないです。ちなみにアーレンキーはホーザンのがオススメ。値段と品質のバランスが優れてると思います。実際使いやすいし。


【10,500円以上送料無料】HOZAN[ホーザン]ボールポイントレンチ

そして、洗車・注油関係ですね。

・ディグリーザー(汚れ落とし)
・チェーンオイル
・グリス
・洗車ブラシ

ひっくるめて4,000円ってところでしょうか。

どんどん増えていきますね。もう60,000円強になってます。でも一気に揃えることはありませんよ。毎月ちょっとずつで構いません。実際私も、ちょっとずつ揃えましたから。

10万円でクロスバイク生活を始めたいなら、自転車5万、用品5万。

その内訳、ご理解いただけたでしょうか。いや、10万円のクロスバイクじゃないんです。クロスバイク「生活」だもんで。

(須貝弦)

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like