アジアMTB選手権で、山本幸平と末政実緒が勝利

第15回アジア・マウンテンバイク選手権(マレーシア)で、日本勢が活躍しています。

クロスカントリーでは、山本幸平(チームブリヂストン・アンカー)がアジアチャンピオンに輝きました。

リンク:

クロスカントリー

●男子エリート

1位 山本 幸平(北海道・チームブリヂストン・アンカー)

11位 平野 星矢(長野・BIKERANCH)

DNF 辻浦 圭一(奈良・チームブリヂストン・アンカー)

また、クロスカントリー女子では片山梨絵(SPECIALIZED)が2位、中込由香里(SY-Nak SPECIALIZED)が4位でした。

男子DHでは井手川直樹(EVIL/SUNSPI.com)が2位で、3連覇を逃しました。永田隼也(YETI/FFC)は4位でした。

そして女子DH。末政実緒(Fun Fancy/INTENSE)がアジア選手権7連覇(9勝目)を挙げました。飯塚朋子(team cor ratec)が4位でした。

日本自転車競技連盟のWebサイトで速報が掲載されています。

また、UCIパラサイクリングトラック選手権の様子も伝えられています。藤田征樹(北海道)が、男子1km個人タイムトライアル(LC3)で金メダルを獲得しています!

リンク: 日本自転車競技連盟 WEB SITE.

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like