アメリカンブランド「Blue」の2010年モデル

ゼータトレーディングが取扱うアメリカンブランド「Blue」の2010年モデルが発表されていました。その一部を紹介します。Blueからも、近年流行の「エアロダイナミクスに優れたロードフレーム」が登場します。

●AC1SL

091105_ac1sl

価格388,500円(フレームセット・フォーク/ヘッドパーツ付属)
945,000円(SRAM/RED完成車)

T1000/T800ハイモジュラスカーボンモノコックフレーム
C4SFTカーボンフロントフォーク
BB30採用
サイズ XS・SM・MD・ML・LG
重量 1,100g(MD) / 380g(フォーク)

●AC1

091105_ac1

価格283,500円(フレームセット・フォーク/ヘッドパーツ付属)

577,500円(SRAM/Force完成車)
798,000円(SRAM/RED完成車)

T700ハイモジュラスカーボンモノコックフレーム
C4SFTカーボンフロントフォーク
BB30採用
サイズ XS・SM・MD・ML・LG
重量 1,250g(MD) / 380g(フォーク)

AC1とは使われているカーボンのグレードが違いますね。

●Norcross

091105_norcross

価格199,500円(フロントフォーク・ヘッドパーツ付属)

フレーム ハイモジュラス フルカーボン
フォーク 上下異径(1-1/8・1-1/2インチ)カーボンフォーク
サイズ XS・SM・MD・ML・LG
重量1,050g(MD) / フォーク 480g

シクロクロスフレーム。2009年モデルのCXCに対してフレーム+フォークで360gほど軽くなりました。

ゼータトレーディングはCYCLE MODE2009に大阪・東京ともに出展し、Blueの2010年モデルも展示されるそうです。

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです