危ない!競輪場に野良猫出現?

久留米市の久留米競輪場で、バンクに野良猫が入り込んでいるそうです。

asahi.com(朝日新聞社):競輪場に野良猫乱入 選手が苦情 愛護団体「処分反対」 – 社会

福岡県久留米市の久留米競輪場で、野良猫をめぐる騒動が起きている。バンク(走路)に乱入し、選手たちの邪魔をするのだ。時速約70キロで疾走中に衝突し、転倒すれば命にかかわる。競輪場を運営する市は猫の捕獲(殺処分)を検討したが、動物愛護団体が反対。里親探しに切り替えたものの、騒動は収まっていない。

via www.asahi.com

50〜60匹の猫の里親は、そうそうすぐには見つからないでしょうね。また、野良猫をゼロにするのも無理でしょう。

せっかくですから、バンクの外に猫カフェを作るっていうのはどうでしょう。競輪場が猫カフェを運営することは事業本来の目的から大きく逸脱していますが、テナントとして入居させる分には問題ないのでは。それでも60匹はカバーできないかもしれませんが。

あと、選手や車券買ってる人がついでに100円ずつでもカンパすれば、去勢費用くらい出るんじゃないかと……。

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like