コミュニティサイクルの社会実験がスタート

以前紹介したコミュニティサイクルの社会実験が、ついに10/1スタートしました。さっそく、レポートがいくつか挙っていたので紹介します。

リンク: 【レポート】日本初の無人貸出し自転車導入で話題に – 「コミュニティサイクル」の実験始まる | ライフ | マイコミジャーナル.

「低炭素社会”発見”in千代田」および「都市型コミュニティサイクル社会実験」開始を告げるイベントが10月1日、東京都千代田区の丸の内オアゾ「○○(おお)広場」にて開催された。特に、パリなどヨーロッパで実施されている無人貸出し自転車が、日本に導入されるのは今回が初めてとあって、注目を集めそうだ。

すでに登録して試している方も、もちろんいらっしゃいます。

リンク: 丸の内コミュニティサイクル: 生活自転車.

あくまで「社会実験」なので、乱暴な結論を言うべきではないだろう。

が、小1時間触ってみて、せめてこうしてくれ、という点は。

1.スタンドをつけてください。
2.カギをつけてください。
3.カゴをつけてください。

この3つを実現すれば、少なくとも「まともなレンタサイクル」にはなれると思います。

うーん、確かに最低でもカギは欲しい。というか、カギが標準装備ではない自転車が選ばれているのですね。

しかしこの社会実験、もろに秋雨前線に影響されそうであります。

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです