本気で競技したい人のためのトラックレーサー「FUJI TRACK ELITE」

今回は純競技用モデルを紹介します。FUJI(フジ)の「TRACK ELITE」です。先頃開催された新潟国体の「成年男子ケイリン」で3連覇を果たした、櫻井正孝選手(宮城県・東北学院大)が使用したモデルです。

091013_fuji

リンク:
COLNAGO / FUJI / DAHON Brand News  櫻井正孝選手 新潟国体「ケイリン」3年連続優勝達成
.

第64回国民体育大会「トキめき新潟国体」の成年男子ケイリン種目決勝が本日行われ、FUJI JAPANがサポートしている櫻井正孝選手(宮城県・東北学院大)が3年連続優勝を達成しました(記録:11秒15)。

FUJIと言えば安価なピストバイクが街を席巻した印象が強いですが、競技用モデルも数多くラインアップしています。そしてトラックレーサーの最高峰がこのモデルというわけです。フレームはもちろんハイモジュラスカーボンで、サイズは4種類。ブレーキ台座などついているわけがありません。完成車で577,500(税込)、フレームセットは252,000円(税込)となっています。

ちなみに現在のFUJIはアメリカブランドで、日本ではアキボウが取扱っていますが、ルーツは日本の「日米富士自転車」で、100年以上の歴史があります。

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like