アラヤ2010年モデル、復活のマディフォックス&CX

昨日チラ見せしましたARAYA(アラヤ)2010年モデルですが、今日は全体の写真を掲載します。まずは、ついにマディフォックスが復活! 数年前にトライアル車の名称として復活していましたが、今回はクロモリのフルリジッドXCバイクとして、かつてのイメージを漂わせながらの登場です。

モデル名はMuddy Fox Premium(MFP)。

Muddy Fox

88年モデルのディメンションを踏襲したクロモリフレーム&フォークに、XTをアッセンブル。ブレーキもXTのハイドロです。

Muddy Fox

ちなみにチューブはカイセイ製だそうです。サイズは440mmと490mm、カタログ発表の重量10.8kg、カラーはホワイトのみ。受注生産モデルで、完成車価格は315,000円(税込)となっています。

もう1モデルご紹介。

ARAYA CX

700Cクロスバイクの「CX」です。実はアラヤは1988年に、すでにMTBベースの700Cモデルを登場させていたんです。そのときのネーミングが「CX」でした。

復活したCXは、クロモリフレームにカーボンフォークの組み合わせ。コンポーネントはアセラやアルタス(3×8=2724段…typoのご指摘感謝)です。カタログによると重量は11.0kg、実際に持った感じも想像したよりは軽かったです。カラーはブルーとホワイト、サイズは460mmと520mm、価格は68,250円(税込)です。

細かいことですが、ダブルレバー台座を備えていて、後からドロップハンドル&ダブルレバーのツーリング車にカスタマイズすることもできます。

ランドナーとスポルティーフもありますので、そちらは後ほど。

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです