和歌山電鐵、レンタサイクル「たま自転車」のサービスを開始

ねこの駅長「たま」でおなじみ、和歌山県のローカル私鉄「和歌山電鐵」が、レンタサイクル事業を始めました。レンタサイクルの名前はもちろん「たま自転車」です。

リンク: たま自転車 レンタル開始、ヘッドにキャラ絵…和歌山・伊太祈曽駅 : 動物トピックス : 季節自然 : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

090923_tama
和歌山電鐵Webサイトより)

ちなみに今回レンタサイクルが配備されたのは伊太祈曽駅。たまが駅長を務めるのは貴志駅ですから、上記の写真(出発式)は「出張」したときのものなのですね、猫駅長もたいへんだ。

猫の駅長「たま」の存在によって多くの観光客が訪れるようになったという和歌山電鐵ですが、なんと自家用車で貴志駅前に乗り付ける人や、観光バスでやってくる人が後を絶たないそうです。

リンク: 和歌山電鉄:猫駅長「たま」目当ての車も殺到 貴志駅 – 毎日jp(毎日新聞).

猫の駅長「たま」が勤務する和歌山電鉄貴志川線の貴志駅(和歌山県紀の川市)周辺で、車を使った観光客が増え、無断・違法駐車が問題化している。一時は廃線の危機にあった同線は、たまが客を招いて利用客が約1割増えたが、「車招き」という思わぬ余波も招いた格好だ。駐車場を整備すれば、電車ではなく車での来訪を促すことにもなりかねず、同社は対応に苦慮している。

南海電鉄から切り捨てられた存在である和歌山電鐵にとって、「たま」は大きな存在ですが、なんというか、あちら立てればこちら立たず……なのですね。

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like