GIANT2010年モデル、トリガーシフト採用のESCAPE R3.1登場

GIANTの大ヒットクロスバイク「ESCAPE R」シリーズに、2010年モデルとして「ESCAPE R3.1」が追加されました。

090910_r31_00

ベーシックグレードのESCAPE R3に対して「プラス0.1」の変更点はどこにあるのでしょうか。

ポイントのひとつは、R3がグリップシフトなのに対して、R3.1ではワンランク上のトリガーシフト(レバー式)を採用していること。

090910_r31_01

グリップシフトは初心者にとって直感的ではありますが、実は変速に必要な手や指の動き自体は大きいもの。慣れてしまえば、トリガーシフトのほうがスパスパと素早く変速できて、乗るのが楽しくなります(そしてすぐ慣れます)。

そして、目立つのがカラーバリエーション。2010年モデルのR3は比較的地味なカラーバリエーションですが、このR3.1は明るい3つのカラーを採用。そしてフレームカラーに合わせて、グリップやサドル、ハンドルやステム、シートポストなどを使い分けています。

090910_r31_02
ライトブルー

090910_r31_04
ホワイト

090910_r31_03_2
オレンジ

その他の基本的なスペックは、R3とほぼ同様です。アルミフレーム+クロモリフォーク、前3×後8の24段変速、シートサス等を採用します。サイズはXXS、XS、S、Mです(R3にはLサイズが有り)。

価格は、R3の52,500円に対して、R3.1はトリガーシフト&スペシャルカラー採用で54,600円。流通量にもよりますが、このR3.1がESCAPE Rシリーズの一番人気になるかもしれませんね。

リンク: Giant Bicycle.

関連記事: クロスバイクカタログ by CyclingEX: GIANT ESCAPE R3.1(2010).

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like