GIANTのクロスバイク2010年モデルをピックアップ(下)

前回の続きです。前回の続きです。GIANTのクロスバイクの中から注目モデルをピックアップします。

●SEEK R1(105,000円、税込)

まずSEEK R1。このSEEK Rというシリーズは2009年から追加された、やんちゃなイメージのクロスバイク。ESCAPE Rシリーズがアスファルトの路面を想定しているのに対し、SEEK Rシリーズはフラットダートや多少の路面の段差など、少しタフなシチュエーションも範疇に入ります。

SEEK R1はトップチューブのカバーが無くなったかわりに、そこにはプレート状のガードが設けられました。

090918_seekr1_2

実は海外では渋いアーバンバイクとして売られています。日本モデルでは冒険してるんですね。

090918_seekr1_02

アルミグリップは完全に遊び。ご乗車の際にはフルフィンガーグローブをお忘れなく!

●GLIDE R3(57,750円、税込)

090918_glide_r3

クロスバイクの王道的なスタイルをした、GLIDE R3。アルミフレームにフロントサスペンション、太めの700Cタイヤという定番的な構成です。ESCAPE Rより路面を選ばずゆったりと、そしてSEEK Rよりおおらかに乗れるのがGLIDE Rシリーズです。GIANTのクロスバイクというとESCAPE Rばかり目立っていますが、デイリーユースであればGLIDE Rも良いと思います。タイヤが太くてサスペンションもある分、(ごくごく一般的な視点での)乗り心地はESCAPE Rより優れます。

GIANTの2010年モデルが同社のWebサイトで公開されましたので、カラーやその他バリエーションについてはそちらをご覧になってください(17日夜の時点では、ちょっと重い)。

※CROSSシリーズもなかなか捨てがたい

リンク:GIANT JAPAN

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like