[2010年モデル:ソレとコレとはどう違う?] スペシャライズド シラスシリーズの場合

Specialized(スペシャライズド)の人気クロスバイク・Sirrus(シラス)シリーズにはいくつかのモデルがラインアプされており、価格も下は70,000円、上は140,000円と開きがあります。それぞれどのような違いがあるのか、スペックを確認していきましょう。

●Sirrus:70,000円(税込)
090912_sirrus_2010

リンク: スペシャライズド・ジャパン : Sirrus.

いちばん下のグレードです。アルミフレームにアルミフォーク、前3段×後8段の24段変速。メインコンポはシマノ・アルタスです。

●Sirrus Sport:85,000円(税込)
090912_sirrussport_2010

リンク: スペシャライズド・ジャパン : Sirrus.

Sirrus Sportは、フロントフォークがカーボンになっています。これにより、アルミフォークに比べれば、路面からハンドルに伝わる衝撃が和らぎます。ギア段数はSirrusと同じですが、リアの変速機のグレードがちょっとだけ上がって、シマノ・アリビオを採用しています。

●Sirrus Elite:100,000円(税込)
090912_sirruselite_2010

リンク: スペシャライズド・ジャパン : Sirrus Elite.

Sirrus Sportと同様にカーボンフォークを採用する他、メインコンポーネントがMTB用としておなじみのシマノ・デオーレおよびデオーレLXとなっています。変速段数も前3×後9の27速で、よりスムーズな走行が可能です。

●Sirrus Comp:140,000円(税込)
090912_sirruscomp_2010

リンク: スペシャライズド・ジャパン : Sirrus Comp.

最上位グレードのSirrus Compは、フレーム素材が軽量なものになる他、カーボンバックを採用。リアから伝わる衝撃を和らげてくれます。コンポーネントはロード用のシマノ・105およびティアグラ(リア9速)。リアのカセットスプロケット(ギアの歯)もロードバイク用のものが使われていて、高速巡航性能に重きを置いていることがわかります。

というわけで、当然ながら上に行けば行くほど良くなるわけですね。シラスシリーズが欲しいという人は、予算が許す限り上のグレードを選択することをおすすめします。初めてのクロスバイクとしてSirrus Compを選べるようであれば、結構幸せになれますよ。ベテランのセカンドバイクとしても良いと思います。

併せて「クロスバイクカタログ by CyclingEX」もご覧いただければ幸いです。

リンク: クロスバイクカタログ by CyclingEX: Specialized.

須貝 弦

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業ブログ、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。須貝 弦(Gen SUGAI)のGoogle+はこちらです

You May Also Like